研究助成

趣旨

我が国の大学その他の研究機関に勤務し、研究活動に従事する研究者に対して、工学のうち土木及び建築に関する独創的な研究について助成をし、併せて若手研究者の育成をはかり、我が国科学技術の発展に寄与しようとするものです。

選考

大学院工学研究科(土木工学、建築学、環境工学等)をおく国公私の大学や高等専門学校に周知方を依頼すると同時に、「土木学会誌」への募集(例年9月号)掲載や(一社)日本建築学会HPにリンク掲載して周知しています。

応募については、当財団におかれている選考委員会において

  1. 主題の設定、研究方法について、発想が独創的であり、研究内容の今後の展開が期待されること。
  2. 研究計画が十分具体的に検討されており、その実現性及び成果について期待がもてること。
  3. その研究への助成が、当該主題に関する研究、又は研究体制の今後の発展の契機として貢献出来る可能性があること。
  4. 当財団の助成対象としてふさわしいものであること。

などの視点から、2段階審査を行い、選考委員会において予算を勘案しながら候補者を選定し、これを受けて理事会が助成対象者を決定しています。

募集要項及び応募用紙

平成30年度の助成研究課題の募集期間は、平成29年9月1日(金)~平成29年10月13日(金)までです。

平成30年度、前田記念工学振興財団研究助成申請書ならびに研究助成募集要項等はこちらの貼付ファイルを使用・閲覧ください。

研究助成者一覧

平成29年度

土木分野

  • 菊本 統横浜国立大学
    一回の三軸試験による岩石の異方剛性の測定法の開発
    (助成額100万円)
  • 大嶋 俊一金沢工業大学
    硫酸劣化に対するけい酸塩系表面含浸材の抑制効果に関する研究
    (助成額100万円)
  • 椿 涼太名古屋大学
    河床環境のオンライン・リアルタイム計測
    (助成額100万円)
  • 金田一 智規広島大学
    膜分離技術とヒドロキシルアミン添加制御による一槽型アナモックス処理法の開発
    (助成額100万円)
  • 岡本 隆明京都大学
    集中豪雨時の流木による橋梁閉塞と河岸浸食対策に関する実験的研究
    (助成額100万円)
  • 石川 敬祐東京電機大学
    巨大地震時の液状化に伴う直接基礎構造物の変形挙動に及ぼす表層非液状化地盤の影響
    (助成額100万円)
  • 田代 喬名古屋大学
    IoT(Internet of Things)を活用した都市浸水過程の監視と内水氾濫解析の精緻化による減災シナリオの構築
    (助成額100万円)
  • 新 大軌島根大学
    ジオポリマーの劣化メカニズムの解明と耐久性向上のための材料設計
    (助成額100万円)
  • 染谷 望港湾空港技術研究所
    かぶりが電気化学的測定結果に与える影響の電気化学インピーダンス法を用いた評価
    (助成額100万円)
  • 伊藤 通浩琉球大学
    河川および下水処理水を通じたサンゴ礁への陸域微生物の流入とサンゴへの感染の実態評価
    (助成額100万円)
  • 木村 善一郎呉工業高等専門学校
    尿素分解・嫌気的アンモニア酸化反応共役で拓く「高速」「高強度」微生物学的地盤固化
    (助成額100万円)

計11件 助成額計 1,100万円

建築分野

  • ガヴァンスキ江梨大阪市立大学
    強風による建物疲労被害低減に向けた設計法と脆弱性モデルの提案
    (助成額100万円)
  • 大内田 史郎工学院大学
    旧帝国ホテルの解体から移築に関する研究
    (助成額100万円)
  • 千歩 修北海道大学
    限界飽水度法を用いたコンクリートの耐凍害性評価試験方法の開発
    (助成額100万円)
  • 白井 和貴北海道大学
    制振構造用パッシブ負剛性デバイスの創出
    (助成額100万円)
  • 木方 十根鹿児島大学
    山口半六が受けた建築教育と近代日本の産業基盤形成に果たしたその役割に関する研究
    (助成額90万円)
  • 金田一 清香広島大学
    地域の未利用熱資源を活用した空調用熱源システムの年間性能予測手法の構築
    (助成額100万円)
  • 宮本 慎宏香川大学
    伝統的木造建築物の柱貫接合部の構造性能評価に関する研究
    (助成額100万円)
  • 友寄 篤東京大学
    シラスを比重選別したガラス質シリカ粉砕物のポゾラン反応に関する研究
    (助成額100万円)
  • 飯塚 悟名古屋大学
    格子ボルツマン法と人工的な流入変動風を組み合わせた新しい建築工学LESモデルの開発
    (助成額100万円)
  • 西脇 智哉東北大学
    複数微細ひび割れ発生下における超高強度・高靱性セメント複合材料の耐久性・修復性評価
    (助成額100万円)
  • 池上 重康北海道大学
    明治年間発行の西洋建築雛形書にみる洋風意匠の受容過程に関する研究ー近世・近代木割書と舶載パターンブックとの比較を通してー
    (助成額100万円)

計11件 助成額計 1,090万円

計22件 助成額計 2,190万円

応募状況と助成実績

区分 応募件数 助成件数 採択率 助成額計
H5~21年度 1,423件 269件 18.9% 29,833万円
H22年度 84件 17件 20.2% 1,680万円
H23年度 98件 20件 20.4% 1,999万円
H24年度 88件 19件 21.6% 1,893万円
H25年度 64件 20件 31.3% 1,990万円
H26年度 76件 20件 26.3% 2,000万円
H27年度 61件 18件 29.5% 1,780万円
H28年度 114件 23件 20.2% 2,300万円
H29年度 91件 22件 24.2 2,190万円

応募件数計 2,099件 助成件数計 428件
採択率平均 20.4% 助成額計 45,665万円

ページの先頭へ戻る