研究助成

趣旨

我が国の大学その他の研究機関に勤務し、研究活動に従事する研究者に対して、工学のうち土木及び建築に関する独創的な研究について助成をし、併せて若手研究者の育成をはかり、我が国科学技術の発展に寄与しようとするものです。

選考

大学院工学研究科(土木工学、建築学、環境工学等)をおく国公私の大学や高等専門学校に周知方を依頼すると同時に、「土木学会誌」への募集(例年9月号)掲載や(一社)日本建築学会HPにリンク掲載して周知しています。

応募については、当財団におかれている選考委員会において

  1. 主題の設定、研究方法について、発想が独創的であり、研究内容の今後の展開が期待されること。
  2. 研究計画が十分具体的に検討されており、その実現性及び成果について期待がもてること。
  3. その研究への助成が、当該主題に関する研究、又は研究体制の今後の発展の契機として貢献出来る可能性があること。
  4. 当財団の助成対象としてふさわしいものであること。

などの視点から、2段階審査を行い、選考委員会において予算を勘案しながら候補者を選定し、これを受けて理事会が助成対象者を決定しています。

募集要項及び応募用紙

令和2年度(2020年度)の助成研究課題の募集期間は、令和元年8月26日(月)~令和元年10月10日(木)までです。

令和2年度(2020年度)前田記念工学振興財団研究助成申請書ならびに研究助成募集要項等はこちらの貼付ファイルを使用・閲覧ください。

研究助成者一覧

令和元年度

土木分野

  • 高木 泰士
    防波堤基礎捨石から流入する津波流量の評価
    (助成額100万円)
  • 鈴木 祐麻山口大学
    分子積層法を用いた新規逆浸透膜の創製と性能評価
    (助成額100万円)
  • 相馬 一義山梨大学
    地表面状態量アンサンブル推定と数値気象モデルを融合した短時間強雨予測手法の構築
    (助成額100万円)
  • 井上 真澄北見工業大学
    Al-Mg溶射鉄筋のコンクリート部材への適用性に関する基礎的研究
    (助成額100万円)
  • 藤倉 修一宇都宮大学
    想定を超える地震力作用時に崩壊しないSRC橋脚
    (助成額100万円)
  • 櫨原 弘貴福岡大学
    ロータス効果による湿潤コンクリートへの撥水性能付与技術の開発
    (助成額100万円)
  • 日高 平京都大学
    小規模下水処理場での嫌気性消化および肥料高品質化による資源・エネルギー循環
    (助成額100万円)
  • 新 大軌島根大学
    重金属・放射性廃棄物を固定可能なフライアッシュー高炉スラグ複合系ジオポリマーの開発
    (助成額100万円)
  • 木下 幸治岐阜大学
    さびの組成に着目した非塩化物系凍結防止剤の鋼材腐食速度低減効果の評価
    (助成額100万円)
  • 吉田 亮名古屋工業大学
    実構造物かぶりコンクリートにおける空隙構造プロファイルと鉄筋腐食因子の輸送性状の取得
    (助成額100万円)
  • 鈴木 崇之横浜国立大学
    越流波による底質分級特性に関する基礎実験
    (助成額100万円)
  • 矢口 淳一八戸工業高等専門学校
    遺伝子マーカーと次世代シーケンサーを利用した新しい病原微生物指標の研究開発
    (助成額100万円)
  • 出村 嘉史岐阜大学
    新しい土木通史における都市の位置づけに関する研究
    (助成額100万円)

計13件 助成額計 1,300万円

建築分野

  • 寒野 善博東京大学
    データ駆動型の信頼性最適設計法の創始
    (助成額100万円)
  • 浅野 純一郎豊橋技術科学大学
    地方都市における中心市街地活性化基本計画と立地適正化計画の連携による都市拠点形成手法に関する基礎的研究
    (助成額100万円)
  • 中村 泰朗八戸工業高等専門学校
    最新の発掘成果に基づいた安土城天主の復元的考察
    (助成額63万円)
  • 大内田 史郎工学院大学
    全国の野外博物館における展示構成に関する研究
    (助成額100万円)
  • 樋口 佳樹日本工業大学
    在宅避難のための災害用乾式トイレの開発
    (助成額100万円)
  • 遠藤 洋平信州大学
    2015年ネパールゴルカ地震で被災した塔状寺院の修復
    (助成額100万円)
  • 佐藤 幸恵東京都市大学
    部材内部に温度勾配を生じるコンクリート部材の内部水分ー微細構造変化
    (助成額100万円)
  • 山田 あすか東京電機大学
    障害者福祉と高齢者福祉の統合を目指した障害者支援施設整備での高齢化対応実態と課題の研究
    (助成額100万円)
  • 辻原 万規彦熊本県立大学
    戦前期の樺太からみた日本人の外地における都市の建設活動に関する研究
    (助成額100万円)
  • 友寄 篤東京大学
    明治期火山灰コンクリートの材料工学的調査およびその有効活用
    (助成額100万円)
  • 樋渡 彩近畿大学
    ヴェネツィア・ラグーナの空間構成に関する歴史的研究
    (助成額100万円)
  • 浅井 竜也名古屋大学
    津波来襲時における船舶の漂流挙動時刻歴の可視化とその分析
    (助成額100万円)
  • 杉野 未奈京都大学
    パルス性地震動の特性化法の提案と地震時建物挙動の解明
    (助成額100万円)
  • 高 偉俊北九州市立大学
    P2GとP2Hを活用した再生可能エネルギーの導入拡大対策技術のシナリオの最適化と解析
    (助成額100万円)

計13件 助成額計 1,365万円

計27件 助成額計 2,663万円

応募状況と助成実績

区分 応募件数 助成件数 採択率 助成額計
H5~22年度 1,507件 286件 19.0% 31,513万円
H23年度 98件 20件 20.4% 1,999万円
H24年度 88件 19件 21.6% 1,893万円
H25年度 64件 20件 31.3% 1,990万円
H26年度 76件 20件 26.3% 2,000万円
H27年度 61件 18件 29.5% 1,780万円
H28年度 114件 23件 20.2% 2,300万円
H29年度 91件 22件 24.2% 2,190万円
H30年度 78件 25件 32.1% 2,500万円
令和元年度 93件 27件 29.0% 2,663万円

 

令和元年度決定まで
 応募件数計 2,270件 助成件数計 480件
 採択率平均 21.1% 助成額計 50,828万円

ページの先頭へ戻る